フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォンテーヌブローの音楽学校の発表会
フォンテーヌブローの音楽学校で娘が習っているバイオリンの先生のクラスの発表会がありました。先生の生徒は14人いるのですが、普段は個人レッスンばかりなので初めて会う子もいます。みんなスズキの楽譜を使っているので、ゴセックのガヴォット、二人のてきだん兵や妖精の踊りなどの聞きなれた曲が聞けました。

娘はザイツの協奏曲第5番の第3楽章を演奏することになっていました。これまでの発表会の時には娘はしっかり弾きこんで発表会のころにはその曲にあきあきしていたのですが、今回の曲は習い始めたのが今月からということもあって直前まで出来ていない部分が残っており、1週間前の授業でも”NO!”と先生に厳しくダメ出しされてへこんでいました。でも前日のレッスンでは何とか形になっており、ピアノ伴奏の先生とも一度あわせることも出来たのでぎりぎり間に合った感じでした。

親はどうなることかと胃が痛くなる思いで見ていましたが、無事に弾いてくれてほっとしました。弾き終わった時には先生も涙を拭う仕草をしてくれていましたが、親も同じ心境でした。娘は人の前で演奏するのは好きなので別に普通だったようです。あとでビデオを見てみると先生に言われたとおりに大きく弓を使って、ゆっくり、微笑みながら弾くことが出来ていました。ビッグイベントを一つ終えてほっとしました。
発表会の子供達と先生

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。