フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


INSEADの授業 - The Art of Communication
The Art of CommunicationはP4でとったエレクティブのコースです。このコースはP3, P4, P5で複数回行われるコースで、それぞれのピリオドが始まる前の2日間の終日を使って集中的に取って0.5単位が取れるコースです。

内容はプレゼンテーションの練習です。まずは自分一人で1分間プレゼンテーションをやって、講師とクラスメートからフィードバックをもらいビデオで自分のプレゼンを見たところで再度プレゼンをします。次にグループで15分程度のプレゼンをして、講師・クラスメートのフィードバックにビデオで確認をして再度グループでプレゼンで終了です。プレゼンでも内容や分析の深さなどよりも話すスピード・声量やボディーランゲージなどが重視されます。

このようなトレーニングは過去に何度も受けていましたが、今回がレベルが最も高く、何度も厳しくダメ出しされました。やはりMBAに来ている学生はプレゼンも上手ですし、講師もメディアでの経験が豊富でメディアやトップエグゼクティブのプレゼント同水準のものを目指すように指導してくれます。僕のレベルはこの水準だと全然通用しないので、落ちこぼれないようについていくように必死でした。”パッションが足りない!”って注意されても、イタリア人やスペイン人と比べられると厳しいです。

厳しい2日間でしたがおかげで前よりはよいプレゼンが出来そうな気がします。自分の特徴・欠点が分かったので、これを注意しながらやっていけば前よりはよくなると自信が持てました。ビジネススクールではプレゼンをやる機会がよくありますが、もっと早くこのコースを受けていればと思いました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。