フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Normandyの食事
RouenとMont Saint Michelのある地域はNormandy(ノルマンディ)という地域で農業が盛んです。車で走っていても畑が広がっていて、農家い宿泊させてもらうこともできました。また酪農も盛んでカマンベールなどのチーズもたくさん作れています。料理は前菜・メイン・デザートの構成は同じですが、地元のチーズや牛乳、野菜、牛肉などを美味しく食べさせてくれました。
牛の搾乳見学中

前菜にはチーズや野菜を使った料理が多かったのですが、うちの娘が牛乳好きだというと温めた牛乳をスープのように出してくれました。娘も喜んで飲んでいました。メインでは牛肉の煮込み料理がおいしくて、フランス料理が嫌いな韓国人のお母さんもおいしいと言って食べてくれました。
子牛肉の煮込み

Normandyはクレープで有名です。この地域で作り始められたものがフランス全体、そして世界中に広まったようです。街中にクレープ屋さんがたくさんあり、普通のレストランでもクレープを出してくれますが、驚いたのは朝食でクレープを食べることです。パンと一緒にクレープが出てきて、バターやジャムをつけて食べます。

Normandyは北にあってぶどうがとれないのでリンゴを使ってお酒を造ります。ちょっと甘い発泡酒であるシードルや、アルコール度数が40度近い蒸留酒であるカルバドスがあります。シードルは白ワインやシャンパン代わりに食前酒や食前酒にも飲まれますし、カルバドスは食後酒です。肉料理にはボルドーなどの地域の赤ワインをあわせるようです。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。