フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


INSEADの授業 - Leveraging IT Opportunities & Trends
Leveraging IT Opportunities & TrendsはP3のエレクティブのコースで、取ろうとしたのですがスケジュールの都合でとれなかったので仕方なく何度か授業を聴講するにとどめたコースです。内容はITを企業価値向上にどうつなげるかについてIT導入のポイントやITガバナンスなどを学びます。テクニカルな内容は対象外で経営の観点からITをどう活用するかがポイントです。

このあたりのことは仕事でもやっていたし、読んだことのある本などを取り上げての議論だったので知識面では目新しいことはあまりありませんでした。ただ驚いたのは受講者が約15人でP3で最も人気のなかったコースかもしれません。企業のIT部門の人と話をしていてもプログラマやエンジニアはそこそこいても、経営の視点でITの活用を担える人材は不足しているという話になるのですが、ビジネススクール(INSEAD)はこのような人材の供給源になれていないのではと思いました。

この状況は逆にチャンスでもあり、経営とITが分かる人材になればCIOなどのポジションにたどり着くまでの競争は比較的厳しくないブルーオーシャンになりうる領域だと思います。M&A関連などは今は人気なので競争が激しいレッドオーシャンになりかねない領域であり、ここで仕事をしたいのであれば自分の競争優位性を確立しないと生き残っていけないんだろうなと思いました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。