フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Alliance Francaiseのクラスメート
パリのAlliance Francaiseに通って1週間になりますが、欧米人はあっという間にフランス語を理解してどんどん力をつけていきます。初日は僕のほうが分かっている部分もあったのですがあっという間に追い抜かれてしまいました。僕は4時間の授業に加えて行き帰りの電車や家でも予習・復習でさらに5,6時間ぐらいはフランス語に触れて自分なりに力はついた感はあるのですが、さらに努力しないと彼らにはついていけないようです。

1週間たってクラスメートのことも分かってきました。みんな母国語+英語(さらに他の言葉が出来る人もいます)が出来てさらに他の言語を学ぼうという時点でインターナショナルなマインドがしっかいりしており、授業の中でこれまでに行ったことのある国やその国の印象を話した際もそれぞれの国を相対的にとらえて上で各国のよいところを見つけられているのは年齢とは関係なく成熟した感じがして僕は好きです。初日はみんなフランス語でしゃべろうとしたものもComplegte Beginnerレベルではほとんど会話が成立しないので、休憩時間は共通言語である英語で話しています。フランス語はその次に位置付られるようですが、フランス語を将来どう使うかはまだよく分らない人も多く、具体化されているのはファッション関係の人ぐらいでした。フランス語が出来るとかっこいいというのはみんな思っているようですが、使い道は英語ほどは広くないように思いました。

それと僕はこれまでアメリカ系の会社で働くことが多かったので、ここではアメリカ人もその他の国と同列に扱われているのが新鮮です。アメリカの会社にいるアメリカ人はマジョリティであり他の国の人がいてもアメリカのやり方でことを進めていきますし日本に来ているアメリカ人もアメリカ流で話を進めようとする人が多くいますが、ここではそうは行かないのかおとなしくしています。他国の人のやり方を見て探りながら動き、休憩時間には端っこで固まっている姿を見ると違う世界に来た感じがします。

しかしそれよりも驚いたのはタイ人の女の子です。僕は仕事で10回近くタイに行ってタイ人とはたくさん話をしてきましたが、今までに見たことがないタイプなので初日から不思議に思っていました。今日話をしてみると、タイの有名なアパレルメーカーのご令嬢で幼少の頃からインターナショナルスクールに通っているから英語も完璧で、日本にも何度も行って原宿で買い物して箱根の温泉に行くそうです。パリではファッションデザインの学校に通う片手間にフランス語もやっています。朝も寝坊して遅刻してくるし、ファッションデザインの学校があるからと早退していくので授業も半分ちょっとしか受けていません。計算してみるとフランス語学校とデザインの学校と宿泊費を足すと彼女は1日でタイの工場労働者の月給相当額を使っています。僕は他人事ながらもったいないと思いますが、パリの学校は親が勝手に手配したことなので彼女は別に気にしていません。彼女は16歳で、まさか年が僕の半分のクラスメートと勉強する日が来るとは思いませんでした。

また来週からの授業では彼らに置いて行かれないようにがんばろうと思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。