フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランスで買ったバイオリンの評価
フランスで買った韓国製のバイオリンですが、いろいろ調子が悪いところがあったので日本に帰国した機会に楽器屋さんに持って行きました。

まずはバイオリンのほうは”日本ではこれは悪い楽器と評価します。”と言われてしまいました。コマの形が悪く弦の角度もよくないので、隣の弦をひく時に重なって二つの弦をひいてしまいやすいと言われました。また調弦のつまみの位置も悪く、調弦のピンが木の部分に当たってしまうので音も悪くなると言われました。

弓も毛の張り方が悪く素人の仕事と言われました。毛を縛っておく紐もちゃんと縛れておらず、どんどん抜けてしまうそうです。縛れていないのをカバーするために日本では使わない接着剤を使ってもいるそうです。これでは2,3か月しか持たないそうです。

このバイオリンもフランスのバイオリンの先生にはよいバイオリンだと誉められたというと、”フランス人はまずは褒めるものです。それに生徒が既に買ってきたものをダメと言うことはしないでしょう。”とのことでした。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。