フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


INSEADの授業-Market Driving Strategy
Market Driving StrategyはP3でとっているエレクティブのコースです。内容はマーケティングで、コアカリキュラムのマーケティングのコースでは3Cや4Pなどを比較的静的な状態で捉えて学んでいました。このコースでは顧客ニーズの変化、コンペティターと自社の動きがそれぞれに影響し合ってマーケットが変化していく中でどうすべきかを学んでいます。

コースはケースとシミュレーションゲームを使って進められます。ケースでは業界上位の二社同士が相手の動きをみながらの競争のケースや、突然ある企業が価格競争を仕掛けた場合のケースや新規市場参入のケースなどでした。それぞれのケースで一つの変化が玉突き現象で次々といろいろな変化を起こして、業界の競争環境が変わっていくのを学びました。

シミュレーションではMarkstratというゲームをやっています。クラスメート5人で一つの会社の経営者として他のクラスメートが作った4つの会社と競争します。製品のR&D、ブランドの育成、広告の活用や営業マンの配置について意思決定をして、マーケットで自社製品の販売と利益の拡大を目指します。

これがとてもおもしろくて、ケースで習ったシチュエーションが次々と出てきます。他チームの動きによって自社の作戦も大きく変えざるをえず、相手の動きを予想しながら自社の次の手を議論していくとあっという間に時間が経ってしまいます。元インベストメントバンカーが財務のフォーキャストを作ってくれたり、元セールス・マーケッターが最適なチャネルミックスを考えてくれたりとそれぞれの得意分野で貢献してくれます。このグループメンバーとは一緒に経営をやった仲間になったようでした。結果的に5社の中では一番良い業績を残すことが出来ました。マーケティングはMBAに来てから興味をもった分野なのですが、このコースでさらにその思いが強くなりました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。