フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


INSEADの授業-Applied Corporate Finance
Applied Corporate FinanceはP3でとっているエレクティブのコースです。内容はファイナンスで、P1,P2で学んだことをケースを使ってさらに深めていきます。クラスメートの半分近くが選択している人気のコースでもあります。これまでに習ったことを復習する機会にしようと軽い気持ちで受けてみたところ、これが難易度が急に上がって大変でした。P1,P2のコースの最後にやったケースよりもさらに複雑かつ高度な分析を最初から求められていました。

P3では一番大変なコースではあるのですが、振り返ってみるとその分勉強になりました。それぞれのケースではベンチャー企業や大企業が企業戦略の実現に向けてM&A、IPO、CB、Warrant等をどのように使って行くかを学びます。DCFなどの手法でValuationをするのですが、そこで出てくる数字を見ると株価がOver valueだったりUnder Valueだったり、Debtの割合が高すぎたり、面倒くさい株主がいたりとそれぞれのケースでシチュエーションをややこしくしてくれています。これを現実の世界でどのようにすればよいかを考えます。結局よいうち手がなくて苦渋の決断を迫られることもありました。

ファイナンスは数字を扱うことの多い分野ですが、この数字にいろいろな思いをこめていたり、その数字から投資家がいろいろなことを読み取っていくコミュニケーションを見ることが出来てとても興味深いコースでした。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。