フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランスのシャトー
Chateau(シャトー)は日本語にするときにお城と訳されることが多いと思います。ただフォンテーヌブローにあるシャトーはお城と言うよりも大きな宮殿のイメージがあります。またベルサイユはChateau de Versaillesとこちらもシャトーですが、日本語ではベルサイユ宮殿と訳されるのでこちらもお城ではないと思います。
フォンテーヌブローのシャトーのイメージ

ナントのあるロワール・ブルターニュ地方のお城はまさに軍事用のお城でした。10メートル以上の深さはあるお堀と高い城壁があり、城壁からは鉄砲を打つ穴が開けられています。素人ながらにこれを攻めるのは大変だなと納得します。

ナントの近くにあるAnger(アンジェ)や塩で有名なGuerand(ゲランド)も戦闘用の大きなお城があります。これは中世にブルターニュ公とフランス王家の間で戦争が行われたためであり、第二次大戦などでもあまり破壊されずに残っているので中世のお城をそのまま見ることができました。
angersのお城のイメージ

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。