フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


INSEADの授業 - Corporate Entrepreneurship
Corporate EntrepreneurshipはP3でとっているエレクティブの一つです。大企業の中で新規事業はたくさん行われいますが失敗事例も多くあります。大企業での新規事業は投資資金などのリソースはいわゆるベンチャーと比べても豊富にある一方で大企業ならではの様々な事情もあります。このような”Corporate”と”Entrepreneurship”というある種矛盾した概念をどのように融合させるかを学ぶコースです。

授業はケースを使いながら新規事業の担当者と大企業の役員や関連部署との関係、事業が成長していくフェーズ別に気をつけるべきこと、必要な人材の獲得と確保の重要性や方法などを学んでいきます。

またこの授業の特徴として実際の企業で新規事業を担当した方にインタビューしてその成功要因・失敗要因を分析するという課題が与えられます。この企業は自分で探すことが求められるので当初はフランスに来てから知り合ったある方にお願いしたのですがいろいろあって実現せず、結局日本である大企業でネットビジネス事業立ち上げを担当された方に話を聞きました。

この事業はうまくいかなかった事例でした。本社があまり現場を見ずにビジネスモデルを考えて投資まで決めて会社を立ち上げを決めたところでその方は役員として入社されました。当初からこのビジネスモデルでは難しいと思い、これを変えていくべく努力されたものの大企業的なカルチャーの前で思うように行かず数年間やったものの結果が出せずに退却となったそうです。

その方に話を聞いた後で、今度は同じ事業に本社の側で関わっていた方に話を聞くこともできました。元々本社で企画したことが現場に展開されていくなかでの、そこでの連携の様子や同じ状況を違う視点だと全く異なる評価をしていることに驚きました。実際に授業で習ったことと同じようなことが起きているのを聞くことができて様々な企業が苦労しているんだなと思いました。また以前この方に話を聞いた時にはあまりよく分らなかったのですが、今回はこのコースで様々な観点を学んでいたのでより突っ込んで話を聞くことができました。



別の日の授業ではINSEADのDEAN(学長)のFrank Brownが授業に来てくれました。彼はINSEADに来る前にはPwCCのAudit部門の責任者でCEOの候補にもなっていました。その日は授業の最初にPwCCのケースを渡されて30分ほどグループで準備をしたあとでPwCCの良いところ・悪いところをFrank Brownにプレゼンするのです。僕のいたグループのプレゼンは高く評価されて、今度Frank Brownとのランチに招待されることになりました。また僕たちのプレゼンに対するコメントからは彼のビジネスの経験が凝縮されていて、こんなすごい人がDeanなのかと改めて驚きました。

この授業は教室で学んでいることを実際のビジネスとつなぐ機会が豊富にあり、学んだことを現実の世界にアプライする練習になるとともに自分の成長を確かめる機会にもなって面白いです。エレクティブになるとこれまでとは違ったタイプのオポチュニティが提供されるのでこれを活かせるようにがんばっていこうと思います。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。