フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幼稚園のフランス語
娘は幼稚園でもちょっとはフランス語を理解し話しているようです。ただ音とシチュエーションから意味を読み取って理解しているもののフランス語の単語として何かはよく分りません。

娘いわく子供たちが何かを指さして”見て!!”というときはフランス語では”オギャー”、遊びの時間が終わって”片付けなさい”と先生が言うのは”オギャーシュ”、大人が子供に”はい、どうぞ”と言ってものを渡すのは”ティアン”というそうです。大人はフランス語を文字から学んでいるのでどの単語かは分かりません。

これを試しにフランス人に言ってみると”オギャー”は”Regardez”、”オギャーシュ”は”Rangez”、”ティアン”は”Tiens”だと言うことが分かりました。娘の言っていることはほぼあっていてフランス人にも通じました。子供の言語学習方法の違いと、その能力の高さに驚きました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。