フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本人バイオリンの先生のコンサート
娘の日本人バイオリンの先生はÉcole Normale de Musique de Parisの出身です。のだめの留学先とは違いますが、どちらもフランスではトップの音楽院です。その学校のホールで先生がコンサートをやられるということで行ってきました。このホールは重要文化財に指定されていて全体をヴァイオリンの内部に見立てて設計されており、内装はほとんど木で出来ています。音響も最高で素晴らしいホールでした。

会場には学校の先生・生徒や近所の音楽好きの人などが200人ほど集まって盛況でした。先生は武満徹、ブラームス、ドビュッシー、プロコフィエフを演奏してくれました。クリスマスの発表会の時にドビュッシーの第一楽章だけ聞かせてもらったのですが今回は全部演奏してもらえました。

先生の演奏は素晴らしく、娘も“金メダル以上に上手だった”と喜んでいました。フォンテーヌブローの音楽学校で習っている我が家にとってのミルヒー先生だけでなく日本人の先生も素晴らしいバイオリニストで、こんな先生に教えてもらえるなんてありがたいことだと改めて思いました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。