フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


のだめも留学しているフランスの音大
のだめが通っていることになっているConservatoire National Supérieur de Musique et de Danse de Paris(国立パリ高等音楽院)は、トップクラスの学校なので音楽的な要求が厳しいだけでなく、年齢制限があり日本の音大を卒業してから留学する人のはとても少ないようです。のだめも留学後にクラスでも年上のほうになっている背景でもあるとおもいます。

他に日本人音楽留学先になっているのがÉcole Normale de Musique de Paris(エコールノルマル音楽院)です。フランスでは私立ではトップの音楽大学であり、パリとリヨンにある国立音楽院と並ぶ高等音楽院です。留学生の受け入れにも熱心なこともあってか、娘の日本人の先生もこの学校で学んでいたそうです。

どちらの学校もピアノ科の学生が多いようです。フランスの象徴的な音楽というとシャンソン歌手とピアノというイメージがあるのとも一致しています。バイオリンやオーケストラはウィーン、プラハやベルリンなどのもっと東の方のヨーロッパので盛んな気がします。

学生の方の卒業後の話を聞いていると、フランスでトップの学校を出てもプロとしてオーケストラに所属したりCDを出したりするまでにはまだまだ高い壁があるようです。のだめやその同級生もコンクールなどに挑戦して結果を出せないと先に進んでいけないようです。娘の先生も難易度の高い曲を弾きこなすプロ級の腕前に素人目では見えるのですがそれでも厳しいようです。音楽家の世界はビジネススクールよりもよっぽど厳しい世界だなとびっくりしました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。