フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


easyJet
Strategyの授業のケースとして扱ったでeasyJetでイタリアに行きました。イギリスの航空会社と思っていましたが、フランス-イタリア間の路線もあるのでちょっと驚きました。easyJetの特徴としてYield Managementで成功していることを習いました。飛行機の座席あたりの売り上げを最大化するために、需要や残席数に応じて値段が変わります。(年末年始などのみんなが旅行したがる時期や直前で残席が少ない時には値段が高く、閑散期や席がたくさん売れ残っているときには値段が下がります。)インターネットでチェックしていると毎日値段が変わるので面白いのですが、早めに予約した方が安いだろうと思って予約しました。もうちょっと遅くなると数十パーセントは上がっていたので良いタイミングだったと思います。乗ってみると満席できちっと全席売れたようなので、直前だともっと高くなっていたと思います。

コスト削減のために機内食・飲み物・映画などのサービスはなく機内での飲み物・食べ物は有料で機内販売があるだけですが、約2時間のフライトなので別に気になりません。またコスト削減効率向上のために1台の飛行機を出来るだけ何度も飛ばすためにも、時間通りに離発着させることにこだわっているそうです。その結果か予定時刻より早く到着してくれたので満足度は高かったです。

ただ気になったのは席がチェックインのタイミングで割り当てられず、機内に入った人から早い者勝ちで取ることです。うちは二人の子連れなので並んで座れないと子供の面倒もみれず大変なことになります。幸いにも子連れは早めに機内に入れてくれるとのことだったのでゲートの前で待ち構えていると、タイミングよく息子のおむつ替えが必要なイベントが発生してしまいました。焦っておむつを替えて、ゲートに来ると他の人を飛ばして先に中に入れてくれたので並んで座れて一安心でした。チェックインのタイミングで席を確保させてほしいと思うのですが、これもeasyJet流なのかもしれません。

ケースで扱った企業のサービスを実際に利用してみると学んだことの理解度が深まり、これまでは普通に使っていたサービスをまた違う視点で見ることが出来て面白いです。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。