フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イタリアのイタリア料理(2)
Pizza(ピザ)
ピザは子供達も大好きで行く前から、娘は“イタリア旅行中に飽きるほど食べる”と宣言していました。その宣言通り、ランチとディナーは必ずピザのあるレストランに行っていました。ピザはトッピングにもよりますが5-10ユーロ(約800-1600円)で大きなものが食べられます。味はおいしかったのですが、日本でよく食べていたサルバトーレクオモやISOLAのピザのほうがおいしかったと娘が言っていました。確かにそうかもという気もしますが、ただフランスのピザはアメリカのピザのようであまりおいしくないので、久し振りにおいしいピザが食べれてよかったねとは娘とも話していました。

ピザは高級レストランに行くと食べられなくなります。元々カジュアルな料理だということもありますが、ピザを食べるときにはその他の前菜・パスタ・メイン料理を食べない場合が多く、客単価が低くなるのをレストランが嫌がるのも理由のようです。またピザの時にはワインでなく、ビールを飲むのもイタリア流です。
ピザマルゲリータ

Fromaggi(チーズ)
イタリアのチーズと言えばパルメジャーノレッジャーノのかと思うのですが、イタリアでも当然大人気でたくさん売っています。年数やクオリティが違うものが並んでいて、食べ比べるとやはり熟成が進んで良いと言われているもののほうがコクがあっておいしかったです。値段は日本で買った時の感覚だと半額近い値段で買えたと思うのでお得だと思います。

もう一つ印象に残ったのがモッツァレラでした。ピッツァマルゲリータで使われているチーズで、日本でもパックに入って売られていますが全然味が違います。特に水牛の乳で作ったモッツァレラは、香りや食後のふわっと口の中に広がってくる味が濃かったです。モッツァレラはパルメジャーノレッジャーのような熟成させるタイプではなく出来たてのタイミングで食べるのがよいチーズで、水につけて3日間しか保存できないと言われています。日本食だと豆腐のような位置づけです。日本で豆腐屋さんが毎朝手作りで作ってくれる豆腐とスーパーの豆腐が違うように、これはイタリアまで来ないと食べられない味かと思いました。
モッツァレラチーズ(トマトと合わせたカプレーぜ)

Dolci(デザート)
デザートもイタリア料理にはかかせません。ティラミス、パンナコッタ、アフォガードやジェラートもたくさん食べました。
ティラミス

イタリア料理はおいしくて6日間食べ続けてもあきませんでした。しかし、特に最近の日本のイタリア料理のレベルが高くなり本物のイタリア料理が食べれるようになってきたことがあって、イタリアに来て“こんなの食べたことはなかった、やっぱり本場はおいしい”という感動が少なかったです。ただフランスで食べるイタリア料理よりはおいしいので久々においしいイタリア料理を食べれて良かったです。

おみやげには生ハム、パルメジャーノレッジャーノ、ポルチーニ茸とバルサミコ酢を買ってきました。どれも日本でもフランスでも見つけられなかったクオリティのものを安く買えたのでまた食べるのが楽しみです。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。