フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ごっこ遊びとロールプレイング
4歳の娘はごっこ遊びが大好き。大人には見えない娘のお友達が必ずいて、日本で仲良くしていたそのお友達たちはどうやら一緒にフランスに入国していたらしいのです。しかも最近になってそのお友達たちは日本に帰国してしまったらしく、現在の娘の親友はフランスで知り合ったアメリカ人の“キッシュちゃん”。キッシュちゃんと娘はいつでも一緒に遊んでいます。買物に行く時に手をつなごうとすると、「左手はキッシュちゃんとつないでいるからつなげないの」と拒否されることも・・・。当然キッシュちゃんは心がきれいでない大人からは見えない存在です。

ここ数日で分かったのですが、娘はキッシュちゃんとフランス語を使ってごっこ遊びをしているのです。学校ごっこをしながら「皆さん、今日はフランス語のあいさつの授業です!Bonjour(ボンジュール)」「先生のあとに続いていってくださいね。Je m’appelle (娘の名前)」「さぁ皆さん一緒に歌を歌いましょう!Chanton ensemble」などです。語学学校に通う父に毎晩教えてもらうフレーズをごっこ遊びのなかで何度も何度も口ずさんでいるのです。新しいフレーズをすぐにロールプレイで使っているわけで、語学学習としてはもっとも効果的な方法だと思います。

考えてみると日本語もそうやって覚えてきたのかもしれません。耳で聞いた大人の口調を真似しながら…。銀行に連れて行った日はその夕方銀行ごっこをしているし、病院で受付の人と話した内容もその日の夕方ごっこ遊びで登場していました。幼稚園の先生の口調に似ていることもよくあります。限られたフラ語のフレーズですが飽きずに何度も繰り返すので、今では家族の誰よりもすらすらとスムーズに自己紹介ができるようになっています。娘は引っ込み思案なのでなかなか人前ではごっこ遊びでしているように堂々とは自己紹介しないのでしょうが、9月から始まるフランスの幼稚園生活では彼女の耳にどんなフランス語が聞こえてくるのか・・・。ごっこ遊びが楽しみです。(親もフランス語がんばります!)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!

堅苦しいことはなく読み物を読む感覚で進めていくことが出来ました。とりあえず始めてみようかなって軽い気持ちでも十分わかりやすかった。う~ん。わかりやすいけど、初心者にはCDがひつようかも・・・ホンとにわかりやすいにもホドがあります!!超初心者にはわかりづら
【2007/08/18 05:44】






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。