フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シャンパンのマーケティング
たまたまスーパーで安売りしていたシャンパンの話です。Canard-Duchene(カナール・デュシェーヌ)というワイナリーのシャンパンで、”Canard”はフランス語で鴨の意味で何となく気になるワインでした。興味を持ったので調べてみると、このワイナリーは1868年に樽職人であったヴィクトル・カナールとブドウ栽培農家に生まれたレオニー・カナールの結婚により設立されたワイナリーです。以前はLVMH(ルイヴュトン・モエシャンドン・ヘネシー)の傘下でしたが、LMVHの高級化路線で外されたそうです。今は普通のスーパーで25ユーロ(約4000円)で売られているシャンパンです。
Canard-Duchene

しかし日本では結婚からはじまった歴史にちなんでアニヴェルセル表参道・シャンパンブティックでしか購入できないそうです。写真と同じシャンパンも値段も9,450円なので、フランスのスーパーの倍以上です。スペシャルなシャンパンになるようにストーリーをつけてブランドイメージを作っている成果でしょうか。シャンパーニュの人はマーケティングが上手だと改めて感心しました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。