フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幼稚園の成績表
フランスの幼稚園も12月で最初の学期が終わったところで、成績表をもらいました。日本の幼稚園では成績表などなかったのでびっくりです。評価は以下のカテゴリー毎に詳細な評価項目があり、AからDまでの成績がついています。

Developpment et socialisation (発育と社会性)
Attitudes scolaires (学ぶことに対する姿勢)
Langage (言語)
Decouverte du monde (世界の発見-社会科)
Sensibilite, imagination, Creation (感受性、想像力、クリエイティビティ)
Agir et s'exprimer avec son corps (体を用いての振る舞いと実験-体操など)

とりあえず落第することはなかったのでホッとしました。成績を見ると友達と一緒に何かをしたり学ぶ姿勢などは比較的よいとされていました。娘は先生のフランス語での指示が分からなくても先生やまわりの子を観察してまねをするので、集中して話を聞いてよく観察してちゃんと理解しているように先生には見えたのかと思います。言語系の学習や授業で面白い発言できるかなどの項目では評価が低かったですが、これはフランス語のハンデもあるので厳しいと思います。あとは算数・数学系も評価が低かったのですが、幼稚園でやっている内容を聞くと10までの数字を数えたり順番に並べる程度のことなので日本の幼稚園でもやっていたはずです。これもフランス語で数字が分からなかったことが理由かもしれません。

あとはコメント欄に”Tres bonne adaptation. Eleve studieuse.” (とてもよく環境に慣れてきました。まじめに勉強する生徒です。)と書かれていました。確かに親から見ても過去4か月の幼稚園生活を振り返るとようやく環境に順応してきたかなと思います。最初は何だかよく分らないまま勢いで幼稚園に通い、1カ月ぐらいしたら登園拒否(?)があったり、最近はCamyというフランス人の友達が出来たらしく自分から進んで行くようになりました。ただその友達と何をしたのかと聞いても大したことはしていないのでどの程度一緒にいるのかもよく分りませんが、とにかく娘にとっては友達が出来て心強い存在なのです。

成績表の他にはこの学期中に描いた絵や作った工作などをまとめて渡してくれました。しかし中には明らかに別の子のものと思われる絵が混ざっています。娘もこれは自分のものではないと言うし、他の絵と比べて明らかにスタイルが違います。中には大人がやったとしか思えないものもありました。こんないい加減な幼稚園に成績をつけられて大丈夫なのかと不安になりますが、これに対応していくのもフランスでやっていくのに必要なことかと思うようにしています。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。