フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


街のクリスマス風景
フォンテーヌブローやパリで見かけたクリスマスの写真です。ちなみにフランス語でクリスマスはNoël(ノエル)で、サンタクロースはPere Noël(ノエルの父)で、Merry Christmasでなく“Joyeux Noël”(よいノエルを)と声をかけられます。

Printempsのショーウィンドウにいる操り人形です。Printempsはパリにある高級デパートの一つです。ここのクリスマスのショーウィンドウは操り人形で有名で、今年はクリスマスセールのテーマである北欧にあわせて北欧のイメージの動物が料理をしたり音楽を演奏したりしてくれます。この人形はすべて手作りで、半年以上前から企画を練って制作するそうです。操り人形は子供たちだけでなく大人もたくさん集まって見ていて大人気です。
料理をする動物1

料理をする動物2

動物のオーケストラ

シャンゼリゼのイルミネーションです。奥に小さく見える凱旋門までずっと続いています。いつも賑やかなシャンゼリゼですが、クリスマスの時期はさらに華やかです。
シャンゼリゼ

近所のPatisserieでもbûche de noël(直訳するとクリスマスの薪)が売っています。小さいもので15ユーロ、大きいものでは40ユーロほどしました。
bûche de noël

最後にアルザスで見た巨大なツリーです。
クリスマスツリー

では、Joyeux Noël!!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。