フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビジネスデベロップメント
数日前に書いたISPについて、“このようなプロジェクトをやろうとしているということはマーケティングのプロになろうとしているのか?”とよく聞かれます。マーケティングのプロもいいのですが、そこを目標にしているわけではありません。今回の件はコンサルタントの仕事を取る時のイメージで取り組んでいます。ちなみにある方によるとコンサルタントとしてクライアントを見つけて仕事を取るには次の三つのステップになると教わりました。

1.ビジネスデベロップメント
さまざまな業界・業種を見て、成長機会や今後取り組むべきテーマを見つけていく

2.クライアントデベロップメント
ビジネスディベロップメントで設定したテーマに興味がありそうな企業に対してコンタクトしていく

3.オポチュニティデベロップメント
プロジェクトの内容・成果物・期間や頂くコンサルティングフィーを決めて契約まで持っていく

卒業後の仕事は決めていないのですが、もし今後もコンサルタントを続けるのであれば自分でクライアントを見つけてきて売上と利益を確保することが必要になります。またコンサルタントをやらないとしても、企業のさらなる成長機会を見出してそこに向けて動いていくことは重要なことだと思います。そこでMBA留学ではここにあるビジネスディベロップメントやクライアントディベロップメントにつながる人脈づくりをどれだけ出来るかが大事だと思っています。

このうちの1.ビジネスディベロップメントについてはMBAの授業を受けながらずっと考えています。新しいことを習うたびに以前のクライアントにこの話を持って行ったらどうかなとか、クラスメートの話を聞きながら彼らの出身企業に自分の過去のプロジェクトの成果を持って行ったらどうかなとP1の時には思っていました。P2ぐらいからは業界・国などの地域の違いとそこでのどういうビジネスが出来るかを大きく捉えることが出来る瞬間が何度かありました。(常に出来るわけではありません。そこまで行ければ本当にすごいんですけど。)たまたまマーケティングはうまく形になったので進めていますが、他にもいくつか考えているテーマはあります。ただまだ自分でもうまく説明できなかったりしてまだまとめているところです。

ここでテーマをうまく設定出来れば2.クライアントディベロップメントに入るわけですが、今回のマーケティングの件は何の人脈もないところからはじめたので最初はどうしていいのかよく分りませんでした。あちこちに当たって砕けろで話をしていって玉砕することも多かったのですが、運よく該当分野で働いているアルムナイが見つかったのが決め手でした。ただどこに行ってもとりあえず話を聞いてもらえるということでINSEADブランドのすごさは感じました。本当はさらに踏み込んで3.オポチュニティディベロップメントでお金をもらうところまでやれるといいのですが、今の状況では勉強の機会をもらえたほうがよいのでこれは卒業後のことにしようと思っています。

INSEAD卒業後にいきなりすごい売上を達成することは難しいかもしれませんが、留学中のリスクフリーな環境でビジネスデベロップメントなどにトライできるのは良いトレーニングになっていると思います。これが卒業後にうまくつながるといいんですけど。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。