フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オーケストラの発表会
INSEADの試験も終わったところで、フォンテーヌブローの音楽学校でもAudition de Noel(クリスマスの発表会)がありました。当日は他のクラスでやっていた合唱や、ピアノ・バイオリンなどのソロの発表がありました。(INSEADの教授の息子さんがトロンボーンを演奏もしていました。)プログラムのちょうど真ん中でオーケストラの番が回ってきて、毎週一緒に練習していた子供たちと一緒に娘が出てきました。チェロの子が病気で休んだ以外はみんな揃っていて、バイオリン5人、チェロ2人、フルート1人、トランペット1人のオーケストラです。

先生の指揮のもとで、最初に音階を披露して、Deux allemandesとLe bouleauという短い曲を演奏しました。簡単な曲ですがみんなであわせることがなかかできず、毎週何度も繰り返し練習してきた結果、きょうはバッチリあっていて今まで聞いた中では一番上手にできていました。子供達もみんな満足気です。
オーケストラのメンバー

娘もオーケストラでみんなと合わせて演奏することの難しさと楽しさを経験するとともに、面倒見のいいお姉さんにいろいろ教えてもらえたことがうれしかったようでオーケストラは楽しかったと言っていました。

実はオーケストラの前にはINSEADのクラスのみんなと最後に集まるパーティをやっていてそこでも娘はユーモレスクを弾いていました。小さな子供が演奏するのを珍しがって喜んでくれて大きな拍手をもらうことができました。娘もすごい喜んでいて、人前で演奏するのがどんどん好きになっていっているようです。人前に出ていくのが好きではなかった時期もあったのですが、今は自分から出て行くようになったのはフランスに来た影響なのかもしれません。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。