フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エスカルゴ
先日のブルゴーニュ旅行以来、子供たちがエスカルゴ好きですごいことになっています。毎日エスカルゴを食べたいと言い、エスカルゴが焼きあがると子供たちはさっと集まってきて他の料理は待たずに一気にエスカルゴを食べてしまいます。ごっこ遊びではエスカルゴ屋さんに出かけています。ちなみにそんなお店はフォンテ―ヌブローにはありません。

エスカルゴはスーパーで売っています。普段は冷凍もので小粒のエスカルゴが12個入って1.2ユーロのものを買っています。またクリスマスにエスカルゴを食べる人も多いらしく、最近になって生のエスカルゴが並びはじめました。この時期は冬眠前で栄養豊富でよいらしいです。こちらは粒も大きくなって12個で4.2ユーロです。どちらもエスカルゴバターがつけて売られているので、買ってきたあとはエスカルゴ用のお皿に並べてオーブンで10分ほど焼くと出来上がりです。
エスカルゴ皿にのったエスカルゴ

焼きあがったら熱いのでエスカルゴ用のはさみでつかんで、中の身をひっぱり出して食べます。最近は高級レストランでもエスカルゴが出てくるようですが(プリティウーマンでもジュリアロバーツが高級レストランで飛ばしていました)、もともとはブルゴーニュ地方の郷土料理であり、1食10-20ユーロ程度のビストロでも前菜で食べることができます。日本ではなかなか食べられない料理ですしおいしいので時々食べていたのですが、なぜ子供たちが毎日・毎食食べたがるほどにエスカルゴで大騒ぎするのか理解できずにいます。
エスカルゴをはさむ

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。