フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本人のバイオリン発表会
日曜日には日本人のバイオリンの先生が企画してくれたミニコンサートがありました。他の日本人のピアノの先生との合同で、ピアノとバイオリンを習っている日本人の3家族が集まりました。生徒がたくさん集まった発表会というよりも、音楽好きの家族が集まったホームパーティで子供たちが演奏するイメージです。会場もある日本人のご家族が住んでいるパリのアパートでリビングにあるピアノを使ってのコンサートでした。

子供たち4人がそれぞれに練習している曲を発表し、最後にピアノの先生とバイオリンの先生の演奏を聞くプログラムでした。娘は練習していた成果は出せて、いい音で弾けていました。ピアノの先生がきちっとあわせて伴奏してくれたのもうれしいようでした。先生の演奏はバイオリンの先生とピアノの先生によるドビュッシーのピアノとバイオリンのソナタで、さすが日本の音大卒でパリまで留学しただけのことはあるレベルの高いもので、こういう演奏を家で聞かせてもらえるなんてありがたいと3家族で感謝していました。
ピアノを弾くお姉さん

そのあとにはクリスマスプレゼントを交換し、各家族が持ち寄ったお菓子を食べながらいろいろとお互いの話をしていました。他の家族は外務省と日本のメーカーから来ている駐在員の家族でした。フォンテーヌブローではなかなか出会えないので、日本企業の話や外務省の話を聞ききながらヨーロッパから見た日本やフランスと他国との比較などについていろいろ話をできたのは僕が今後考えていきたいテーマと重なるところもあって非常に参考になりました。特に日本のメーカーの方がヨーロッパ市場で同シェアを伸ばすかについて苦戦されているお話は、MBAで学んでいることと絡めてどうすればよいのかを考える良い機会になりました。日本企業に対して提言したいことがまた増えた感があります。

音楽やいろいろなお話が出来てことに加えて、久しぶりに羊羹などの和菓子を食べられて、たまにはこういう日本人の集まりは良いと思いました。企画してくださった先生方に感謝です。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。