フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MBA受験のクライテリア
先日はある知人からMBA受験に関して”TOEFL、GMAT、エッセイ、推薦状、インタビューが大事みたいだけどどうすればいいか?”と相談を受けました。確かにいろいろな予備校が受験をこのようなやることベースで説明をしているのですが、僕のコンサルティングの経験からもこのアプローチはあまり効果的でないと思います。(僕も仕事でもMBA受験でもつい最近までは同じようなアプローチにはまっていましたが。)最近はこのようなやること(手段)のアプローチでなく、目的ベースのアプローチで考えるべきだと思います。もうちょっと具体的に言うとビジネススクールではアプリカントを評価するクライテリアを明確に言っているのでこれに答えることが必要です。例えばINSEADでは以下のようになっています。

-Academic Capacity
-Professional Experience and Managerial Potential
-International Outlook
-Ability to Contribute to the INSEAD Experience

INSEAD合格にはこの4つのクライテリアに対して高い評価を得ることが大事であり、そのためにTOEFL、GMAT、エッセイ、推薦状、インタビューという手段をどのように活用するかと考えたほうがよいと思います。参考までに僕はこの4つのクライテリアに対して以下のように取り組みました。

Academic CapacityではまずはGPAが低かったので、GMATとエッセイなどでこれを補強することを考えました。GMATは710点取れました。その他には僕のやった卒業研究が当時の博士課程にいた留学生の研究に役立ったこと、ディベートの全国大会で優勝したこと、社会人になってからMBAホルダーが運営している学校でストラテジーとファイナンスのコースをとって受講者でトップの成績だったことを追加で書きました。これらの情報はエッセイ、レジュメやアプリケーションの中でのエデュケーションやその他の活動のパートなどの書けるところに書いていきました。

Professional Experience and Managerial Potential はレジュメ、エッセイなどで自分の過去の実績や将来性が高いことをアピールすることを考えました。僕の場合はコンサルタントだったので日本からアプライするであろう著名な戦略コンサルティングファームのコンサルタントと比べて自分の実績が優れていると言える部分を探しましたし、キャリアゴールをコンサルタントして成功することに設定していたので将来は自分がコンサルティングファームのパートナーになること間違いなしとどうやったら思わせられるかを考えました。そこで自分にユニークな実績があり、これに基づいて自分だけしか出来なくてかつニーズも大きいサービスを将来やっていくことをエッセイで書きました。また推薦状の中では僕が働いていた会社の社長からは最年少でマネージャークラスに昇進した将来の幹部候補であることと、クライアントの部長からは他のコンサルティングファームからのコンサルタントが出来なくて困っていたプロジェクトを僕が成功に導いたと書いていただきました。

International Outlookは帰国子女や海外で働いていた人がたくさんいるなかで、僕の場合はレジュメや過去の経歴に海外在住経験を書けないので困りました。ただ海外在住経験はなくとも旅行・出張や国内でも外国人との付き合いは結構あったのでこれをアプリケーションにどんどん書きInternationalなコミュニティに常に興味を持ち続けていたことをアピールしました。またエッセイの中で日本での外国人との付き合いの仲で自分の内面の変化を掘り下げて、これらの経験を通じてInternationalな環境でも十分に貢献できることをアピールしました。

Ability to Contribute to the INSEAD Experienceやっぱり日本人のコンサルタントしてINSEADのコミュニティの中でアピールできるのは日本の製造業の経験ではと思ってそれはアピールしました。やはり日本の製造業、特に品質面は世界最先端を行っていると思うのでそのための仕組みづくりや海外展開に取り組んだことを書きました。またこれまで仕事を通じてコンサルティング経験がない人にコンサルティングスキルをつけてコンサルタントとして育てていくことをやっていたので、INSEADでこれからコンサルタントを目指す人をサポートできることもアピールしました。これはエッセイの中で書きました。

ちなみにTOEFLはINSEADの場合は105点以上と言っているのでこれに達しないと足切りにあう可能性があります。最低限のスコアはないとまずいのですが、逆に105点をとれればあとはあまり関係ないようでTOEFLスコアで大きなアピールにつなげるのは難しいと思います。


学校側が掲げているクライテリアに対してどうアピールするかを目的として設定して準備を進めるべきで、GMAT、エッセイ、推薦状などはあくまでそのための手段にすぎません。MBA受験に限らず目的を外して手段だけにとらわれて作業をするとがんばったのに結果が出ないということにつながりがちです。(仕事で何度もこれをやって痛い目にあってきました。)目的のために何が必要なのかを最初にきちんと見極めて計画を立てることが何事も重要かと思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。