フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Leading Organization
P2の最後に受けたのがLeading Organizationの授業でした。(授業の順序に別に深い意味はなく、たまたまそのようにスケジュールされていたからです。)このコースはMBAでいうOrganizational Behavior(組織行動学)にあたるもので、実際の組織の変革をどのように進めていくかを学びました。これまでの仕事でもシステム導入や合併後統合などのプロジェクトで、組織や人のマインドセットを変えていくことが必要になることがありました。正しいことを言っていてもそれが必ずしも認められるわけではないことも何度も経験してきました。戦略をたてたり投資の意思決定をすることも重要で難しいことでもありますが、そこが上手くいっても組織の問題で失敗に終わることが多いのも現実だと思います。

この授業ではストラテジックデザイン・ポリティカル・カルチャラルの3つの観点から組織について議論しました。ケースやクラスメートの意見を聴きながらなぜ組織がうまく機能するのか/しないのかを考えていると、これまでの自分の成功・失敗体験とつながってきて自分がなぜ成功・失敗したのかを説明できるようになってきました。組織や人の問題はとても深く、正解のない場合も多いのですが、自分の行動の理由を以前よりは説明できるようになり、次に同じようなシチュエーションに遭遇した時にはこの反省を活かして行動できるようになれば、ちょっとはうまくいく確率があがるのではと思いました。ビジネススクールで学ぶことと実践はまた別だとよく言われ、僕もその通りだと思いますが、その中でも実践で使えそうな何かを提供してくれる場であると思っています。組織や人の問題はこの話があてはまると思いますが、それでもやはりビジネススクールに来た価値はあると思えるコースでした。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。