フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Managerial Accounting
P2のコースであるManagerial Accountingはそのまんま管理会計のコースです。会計は財務会計、管理会計と税務会計の三つの柱があり、P1では財務会計を、P2では管理会計をやりました。税務会計は国ごとに制度が違うこともあり、取り上げて勉強はしないのですが随所にエッセンスはでてきました。

今回の先生はハーバードで教えていた経験があるためか、すべての授業でケースを使うケースメソッドでした。そこで財務デーや非財務データを使ってどのような意思決定を行うか、企業のプランニング、評価、コントロールをどうしていくかを学びました。今回の授業でとにかくすごかったのは最初はただの数字の羅列にしか見えないものが授業の中で分析していくと、そこで行われている企業活動の内容がどんどん浮かび上がってきます。特に後半の授業では、経営者や従業員の心理・行動パターンが見えてきて、さらにこれをどうコントロールするかが課題になってきます。

財務データの分析は仕事でもちょっとやっていたのですが、授業を受けながらデータからここまでのことが見えるのかと驚くことばかりでした。僕の思っていた会計の範囲を超えて経営の核心に迫っていく授業は、まさに目から鱗が落ちることの連続でした。会計は退屈なものというイメージを持っていた時期もあったのですが、この認識は大きく間違っていたとINSEADに来てから思いなおしました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。