フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


浦和レッズ
レッズすごいですね。アジアチャンピオンズリーグを制覇した次には、クラブW杯でも準々決勝に勝って、次はACミランと対戦です。準々決勝の状況はネットの速報でチェックし、YouTubeで画像も見ました。僕は運動が得意ではないのでスポーツ選手はすべて尊敬しているのですが、その中でも世界レベルの舞台で活躍している日本選手は特に尊敬しています。(ビジネスでも国内での競争だけではなく、海外で世界レベルの競争にチャレンジしている日本企業をより尊敬しています。)

しかしこんなに浦和レッズががんばっているというのに、フランスでは全く注目されていません。フランスの新聞のサッカーの記事でもフランスリーグやヨーロッパの大会のことがメインです。そもそもクラブW杯自体が注目度が低くフランスのチームが出場していないこともあるのでしょうか。

一方でACミランの母国イタリアのGazzettaという新聞ではクラブW杯のことが出ていますが、テーマは“ACミラン対その他世界”です。記事の内容はACミランの選手の調整状況で怪我をしていた選手が復帰できるかどうかが中心です。浦和のことは試合結果がちょっと出ていて、ACミランの対戦相手が決まったことが大事なことのようです。

浦和レッズの活躍は残念ながらまだまだヨーロッパの人に認めさせるところまでは行っていないようです。こうなると次のACミラン戦も勝ってもらうしかなさそうです。そうなれはヨーロッパのサッカーファンの間で浦和レッズは一気に有名なクラブになり、同じ日本人として僕もフランスで自慢が出来ます。ぜひぜひがんばってください。フランスから応援しています。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。