フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブルゴーニュ小旅行
週末はINSEADのクラスメートの家族と一泊二日でシャンパーニュに行くはずだったのですが、彼の娘さんが病気ということで残念ながらキャンセル。代わりにブルゴーニュに行ってきました。今回はDijonやBeuaneなどのいわゆる有名なワインナリーのあるエリアからは150kmほど北になるAuxerreやその周辺のワイナリーです。フォンテーヌブローからだと車で1時間ちょっとで着きました。

お昼はAuxerreで食べたのですがせっかくブルゴーニュに来たのでエスカルゴと牛肉料理の中から牛タンをたべました。エスカルゴは近所のスーパーのものよりもおいしいと言って子供たちが勢い良く食べてしまいました。こんなに子供たちがエスカルゴ好きとはしりませんでした。いいエスカルゴを買えるところを探さないといけなそうです。牛タンはフランスに来てからはじめて食べたのですが、かなりスパイスを多く使って煮込んでありました。日本の焼き肉だと牛タンはさっとあぶってレモンをしぼってあっさりと食べるパターンが多いと思いますが、こちらの牛タンはくせがあるのか味付けがしっかりさせたほうがよいのかもしれません。それでも食感は牛タンで、おいしかったです。
牛タン

その後カテドラルを見てからワイナリーに向かいました。最初に行ったのはIrancy村にあるDOMAINE ANITA ET JEAN PIERRE COLINOTです。ここは以前から大家さんに勧められていたのですがこれまで行けずにいたワイナリーでした。Irancyなども含めたブルゴーニュの北のエリアは日照量などの関係で赤ワインはあまり作られておらず、白ワインが有名です。特にChablis(シャブリ)が有名です。そんな中でIrancyでは赤ワインを中心に作っています。ぶどうの種類を少し変えているようでまた違った個性があります。今のオーナーは5-6世代目にあたるそうで、歴史もあります。そんな工夫の様子も聞きながら10種類以上を試飲させてもらい、その中から気に入った4種類を買ってきました。
ワイナリーのオーナー夫妻と

次に向かったのは以前にも行ったGoisotですが、ここは既に品薄になっており販売はしていないと言われてしまいました。8月に来て買って帰りとても気に入ったので今日もわざわざ買いに来たと粘ったのですが、それも通じずに手ぶらで帰るしかありませんでした。とても残念ですが仕方ないです。生産者が売ってくれないワインも、まだ日本では販売しているようなので興味のある方は買って試してみてください。

GOISOTのワインを販売しているサイトへ

その後は収穫も終わって、ブドウの木だけが残されたブドウ畑の間をドライブしながら帰ってきました。家を出てから帰ってくるまで約6時間でしたが、思ったよりいろいろと回れてよい小旅行になりました。
冬のブドウ畑

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。