フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Corporate Financial Policy
P2でやっていたCorporate Financial Policyはファイナンスのコースで、P1でやっていたFinancial Markets & Valuationの続きでもあります。以前はP1のコースをファイナンス1、P2のコースをファイナンス2と呼んでいたようです。内容はForwardやOption、企業のDebt/Equity ratioやIPOや配当などのコーポレートアクションが企業価値にどのような影響を与えるのかを勉強しました。

ForwardやOptionは証券会社やアセットマネージメント会社でプロジェクトをやっていた時にトレーダーやファンドマネージャーが取引しているのを見ていたのですが、なんだかさっぱり分からない商品でした。今回のコースを受けてオプションの仕組みやプライシングの根拠がようやく分かりました。もちろんトレーダーになるのは無理ですが、どういう時にオプションを使うとよいかやそのリスクを理解して使っていくことが出来るのかなと思いました。何度か本で勉強したことがあったのですが、常にこんがらがって分からなくなってしまっていた内容を分かるように教えてくれたINSEADの先生は流石だと思いました。

また配当や新株発行、自社株買いなどの企業の行動を投資家やアナリストがどう受け止めて投資行動に反映されるのかは非常に勉強になりました。行間の読み合いのような世界で、的確にコミュニケーションすることの難しさを知ることが出来たのはビジネススクールならではの経験だなと思いました。

またこの授業はクラスメートの発言から学ぶことが多かったです。オプションのセールスやトレーダー、インベストメントバンカー、ヘッジファンドのファンドマネージャー、アクティビストファンドのファンドマネジャーがクラスにいて、授業の内容を現実の世界とリンクして話してくれるとともに、今までよくわからなかったファイナンスインダストリーの人がどういう仕事をしているのかやそのマインドセットも知ることが出来たのも収穫でした。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。