フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Strategy
P2でとっているStrategyのコースはMBAでいうところの戦略(そのまんま)です。5フォースやバリューチェーン分析などの定番に加えて、INSEADで最も有名だと思うブルーオーシャンストラテジーも習います。業界や企業を分析してその企業の進むべき方向を決めるわけですが、先生の話を聞いていると面白いしシンプルで簡単な話に思えます。ところがいざ自分でやってみると抽象度が高いこともあって何の話をしているのか分からず、データや事例を引用するといろいろな解釈が出来てしまい、いろいろなことがごちゃごちゃになって分析結果を見ても結局どうすればよいのか分からないという結論に陥ってしまうことがあります。仕事でも何度か企業戦略立案に関わったことがありますが、やりがいはあるのですが本当につらい仕事でした。

コースの半ばでそこまでに学んだことを使って、ある企業の過去の戦略分析と将来の戦略を立ててプレゼンテーションをするグループアサインメントが出されました。グループで2時間ほど話し合った後でそれぞれにスライドを分担して作ってみると大混乱です。それぞれのスライドで言っていることは間違ってはいないのですが、なぜその企業が成功・失敗したのかを答えることはできておらず当然ながら将来の方向性もあいまいです。いろいろ習ったフレームワークの使い方もピントがずれています。

僕が一人でまとめたほうがまだましに思えたので、一人でやると提案してみたのですがやはりみんなでやろうとなりました。授業で習ったことを復習しながら、その企業のおかれている状況と成功・失敗の要因を整理していきました。半日ほどかけてやってみると習っていたことが何だったのかが分かってくるとともに、納得感のあるプレゼンテーションが出来てきました。最後には僕が一人でやるよりも数段良いパワーポイントの資料が出来上がりました。そのパワーポイントの資料は僕のセクションにある15グループの中でもっともよくまとまっていると評価してもらえました。グループワークの力・成長を実感できたとともに、今後戦略系の仕事をやることになったときには前よりちょっとうまく出来るのではと思えるようになったのがこのコースでの収穫でした。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。