フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィギュアスケート
パリでフィギュアスケートのGrand prixシリーズの一つであるTROPHEE ERIC BOMPARDが行われていました。母と娘は“真央ちゃん!真央ちゃん!!”と大騒ぎです。金曜日と土曜日は予定があって行けなかったのですが、ニュースをみるとその真央ちゃんがみごとに優勝したということで、日曜日のエキシビションを見に行ってきました。当日、会場に行って買ったチケットは前から4列目の席で選手もよく見えます。

エキシビションは金曜日と土曜日の競技で男女シングル、ペア、アイスダンスの各種目で上位に入った選手が演技をしてくれます。うちの家族ははじめて生でみるフィギュアスケートに釘付けした。真央ちゃんも出てきて、見事にジャンプを決めてくれました。テレビでよく見ていたビールマンスピンとかもやってくれたので大満足です。はじめてテレビで見た時は小さな女の子がぴょんぴょん跳ねまわっている印象でしたが、今回生で見ると思ったよりも身体が大きくトップアスリートの雰囲気も出ていていい感じでした。
浅田真央選手

会場の一番人気はアイスダンスで優勝したフランス人ペアで、2回も演技をした上にインタビューやアンコールの演技も加わって大盛り上がりでした。エキシビションはあまりルールも厳しくないのか、各選手が個性をどんどんアピールした演技をしてくれました。僕にはコミカルだったり、情熱的だったり、意味のわからない妙な雰囲気の演技もありましたがお客さんはとても喜んでいました。真央ちゃんやペアで優勝した中国人ペアの演技は優等生的すぎるのか、演技はすごく上手でジャンプも見事に決めた割に観客の盛り上がりはいまいち。フランス人に受けるのはどういうものかが分かる良い機会になりました。
火の輪の中のフィギュア選手

休憩を挟んで約2時間30分のショーを楽しんだ帰り道に中華街に行って、日本の食材を買って以前にも書いたグループメートの両親が経営しているレストランで食事をしました。たまたま隣に座った2人の子連れの親子と話をすると、INSEADの卒業生(Dec 1996)でした。いまP2だというと、“一番大変だった。オペレーションとかマーケティングとかやっているんだろ”と言われて、10年以上前からP2は大変だったんだと驚きました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。