フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランスでの就職
僕の知り合いの日本人がフランスが好きでぜひフランスで住みたいとのことからフランスでの転職先探しのお手伝いをちょっとしています。フランスで働きたいという方からの問い合わせをいくつかもらっているので、フランスでの職探しのリソースとその方の事例を踏まえての状況を書こうとおもいます。

まずフランスで求人情報を探す時には以下の3つが主に使われているようです。最初の二つは主にフランス人向け、最後の三つ目は主に日本人向けです。

ANPE(フランス版ハローワーク?) http://www.anpe.fr/
Monster(フランス版リクルートエージェント?) http://Monster.fr
在仏日本人を対象した情報誌の求人欄 http://www.ilyfunet.com/

フランス語がばっちり出来てVISAの問題がない方であればフランス人向けの求人を見て、日本でやってきたことと同様の仕事を見つけられる可能性があります。例えばITエンジニアやコンサルタントなどの日本でもフランスでもあるような仕事であれば上記のサイトで求人も見つけられると思います。ただし日本で仕事をしていた時よりもちょっと低めのポジションで給料などの待遇も下がることは覚悟する必要があるようです。ちなみにここでいうVISAの問題がないというのは親や配偶者がフランス人の場合などを想定しています。

ただ僕が話した日本人の方はフランス語は日常会話レベルでVISAがないパターンでして、この場合にはかなり厳しいです。フランス語がプロフェッショナルレベルでないITエンジニアやコンサルタントの求人がほぼないことです。会社から見た時にフランス人のITエンジニアを見つけるのはそれほど難しくない中で、フランス語もそれほど出来るわけでもない外国人を雇う理由がないからです。また上記のサイトの求人もVISAを持っていることが前提になっていることが多いのでさらに厳しくなります。VISAの必要な外国人を雇う場合には滞在許可証などの手続きで年間で数十万円のコストがかかるようです。このパターンではこうすれば見つけられるというパターンは思いつかないので、根気よく上記のサイトをチェックして運が良ければ何か見つかるかもしれないとしか言えません。

フランス人に出来る仕事を他のフランス人の応募者と競争するのではなく、フランス人には出来ないが日本人には出来る仕事を見つけることができれば話はスムーズにいく可能性があります。ただ具体的にある職種としては、寿司職人などの日本食の調理ぐらいです。フランスだけでなくヨーロッパ全体で日本食はブームですし、フランス人でなく日本人が働くことによる価値も明確に説明できます。他にどういう仕事があるかは僕も探しているところですがなかなか見つけられずにいます。

あとはまずはフランスに留学してそのあとで仕事を探すという手もあります。フランスは学歴社会なのでフランスのいい学校に行ければよりチャンスはあると言われています。ただフランス語を仕事で使えるレベルにするにはある程度の期間が必要なのとVISAの問題は留学では解決しないので、やはり運と自分にあった職種を見つけるための努力は必要だと思います。

ということであまり夢のある報告はできません。いろいろ問い合わせていただい方、すいませんでした。いい話があればまたお知らせします。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます

【2011/09/17 01:42】 | # [ 編集]


Sakuraさん

すいません、このブログはずっと更新していなかったのでコメントいただいていましたが、
見ていませんでした。だいぶ間が空いてしまっていますが、今でもお役に立つようでしたら
コメントしますがいかがでしょうか?

齋藤

> こんにちは。とても興味深い内容ですし私の今の状況とも合致しています。ご意見を伺いたいのですが、フランスでは英語の授業でMBAを受けている人が多いようですね。これらはみなPayantの授業ですし、外国人生徒が多いように思います。卒業生はフランスで就職する事は目指していないのでしょうか?また、フランスにおいてこうした新しく設立されたMBAなどのプログラムはどのように評価されているのでしょうか? わたしもマーケティング歴8年ですが、アメリカの大学学士号だけでは認められないからフランスの学位を取った方がいいよと知人に辛口なアドバイスを受けました。ぜひご意見を伺いたく。

【2014/04/25 09:33】 URL | MademoiselleMozart #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。