フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Toussaint (秋休み)
フランスでは9月に新学期が始まったと思ったら秋休みがあるようで、娘の幼稚園も音楽学校も今週と来週の約2週間はお休みです。(ちなみにINSEADではピリオドの間は祝日でも授業はあります。)これまでのところ幼稚園には最初は楽しく行っていたものも、登園拒否気味の時期がありました。言葉が通じなくてまわりの子と遊べないことや絵を描きたくないときでも一斉保育で絵を描かないといけない時間があることが苦痛なようでした。ただ最後の方には“行ってみたら友達が出来た”と自信をつけて帰ってきました。日本人で同い年の子がいるのが心強いのですが逆に頼りすぎてしまいその子がお休みだと行かないと言っていた時期もありましたが、フランス人の友達も少しづつ出来て一緒に遊べるようになったと言っているのでちょっとは慣れてきたのかと思います。

フランス語も少しずつ覚えてきているようですが、まだまだ分からないようです。短い表現は聞いてきて家に帰ってからどういう意味かを親に聞いてくるので、それでちょっとずつ覚えているようです。教えて表現も使ってみているようです。友達が何か不思議なものを持っていたので、“Qu’est-ce que c’est?”(それはなに?)と聞いてみたところ、そのお友達が教えてくれたけど何を言っているのか分からずとりあえずうんうんとうなずいたそうです。これでもフランス語でコミュニケーション出来たとちょっと自信になったようです。

対照的に音楽学校のほうはいつも楽しく行っています。毎回新しい楽器に触らせてもらってみんなで音を出すのが楽しいようです。これまでにラッパ、フルート、小太鼓のような打楽器をいくつか触らせてもらったそうで、特にフルートは上手に出来たと言っています。音楽が好きなことだけでなく、こちらはテーマややることががはっきりしていて、言葉が分らなくても内容を理解できる部分が多いのがよいのかもしれません。

再来週からはまた幼稚園も音楽学校も再開です。休み明けはまた一波乱あるかもしれないとびくびくしつつ、うまく馴染んでくれることを祈っているところです。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。