フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サマータイム終了
ウィーンから戻ってくるとサマータイムが終了で、一時間時計を巻き戻すことになりました。日本との時差も7時間から8時間になります。日曜日の午前2時になると同時に午前1時に戻るということなので日曜日の朝はいつもより1時間多く寝られることになりますが、それでも普通に寝坊していました。しかし10月になって寒くて日本では冬に来ていたコートを着ているのにサマータイムが続いていたとは驚きです。

ところで大学生の時に“日本にもサマータイムを導入すべきか”というテーマのディベート大会で優勝し、アメリカ往復航空券をもらったことがあります。確か産経新聞とどこかの団体の共催でサマータイム導入を推進するための企画だったらしいのですが、僕のチームはサマータイムを導入すべきでないと主張することになり、そこで優勝したために主催者の思惑とは違う結果になってしまったようです。でも仕方ないですよね。

フランスにきてはじめてサマータイムを経験したわけですが、時間を変えたりするのも面倒な割に効果があまり実感できませんでした。夏の間は夜の時間が有効に使えるので消費が伸びると言われていましたが、夜中10時ごろまで明るいと子供たちが早く寝てくれないので夜の大人の時間が短くなってしまい消費活動にもつながありませんでした。学生の時にディベートで自分が主張したことは正しかった気がしています。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。