フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フォンテーヌブローは結構田舎なこともあって、車で移動する生活を送っています。車はINSEADの学生がまとめてリースのが一番有利だったので、その仲間に加えてもらってCITROENの新車をリースしています。フランスの車はオートマではなかったり左ハンドルだったりと日本とは違うとは言え、徐々に慣れて運転できています。車もここまでは故障もないので満足しています。

ただ交通ルールや信号の位置などが違うのでこちらのほうのトラブルを起こしています。フランス到着直後にパリで運転しているときに信号無視をしたようでした。全然気づかずに走って行って次の信号待ちをしていると隣にパトカーが止まって、怖い雰囲気で何やらフランス語で言っています。よく分らなかったので”Je ne parle pas francaise.(フランス語は話せません)“と言うと、怒りを買ったようで”Vous parlez francaicse!!“と言ってさらに強い調子で話しています。それでも良く分らなかったので”Je ne comprends pas(分かりません)“というと、英語が話せるかと聞かれて英語で信号無視したよと言われました。そこで信号が青に変わったので、罰金を払えと言いながら走って行きました。

しかしその後警察からは何の連絡もありませんでした。この話をフランス人の知り合いにしたところ、何も連絡がないのであれば払わなくてよいということだと言われました。そういうトラブルの時には外国人でフランスのことは分からない振りをするのは良い作戦だからうまくやったねと言われました。今後もこの手で行こうかと思った次第です。

しかし最近になって今度はちゃんとつかまってしまいました。場所はINSEADの近くの駐車場から出たところで右にしか曲がれないところを左折したためでした。これまでにも何度か左折しており、車は全く走っていないタイミングだったので危険ではなかったのですが、たまたま警察に見つかったために止められました。前回の経験を活かして外国人で来たばかりで知らなかった振りをしたのですが、INSEADの学生に対しては警察は厳しいのか全く考慮されず、その場で違反の切符を切られました。

これもフランスに馴染んでいくための授業料だと思って支払ったところでこの話をまた別のフランス人にしたところ、これはディスカウント可能だったというのです。うちの大家さんのようなある程度の年齢の人であれば警察に知り合いがいるだろうから、大家さんと一緒に警察に行って話をしてもらえば違反はなかったことにはしてもらえないだろうけど罰金の減額は可能だというのです。本当かどうかは分かりませんが、今度試してみようと思います。こういう経験をしながらフランスを学んでいっています。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。