フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年秋のINSEADアドミッションイベント
8・9月にINSEADの学校説明のイベントが東京で行われます。9月7,8日のイベントではINSEADのアドミッションのスタッフも来日しますので奮ってご参加ください。


卒業生によるINSEAD学校説明会
日時:2008年8月23日(土)18:00-19:30
会場:イフ外語学院 東京校
http://www.ifu.co.jp/seminar/school/

MBA Workshop September 2008
日時:2008年9月7日(日) 18:20-21:30
会場:大手町サンケイプラザ
https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/agendax/?op=view&id=1096&on=20080907

The MBA Tour-MBA Fair
日時:2008年9月8日(月) 16:30 - 21:30
会場:パレスホテル
http://www.thembatour.com/events/tokyo.shtml


スポンサーサイト

INSEADのポジショニング
INSEADはビジネススクールとして他のビジネススクールと競争しており、この中で5フォースなどを使って競争環境の分析をしたり、ブルーオーシャンはないかを考えたりしながらビジネススクールとしての戦略を作っています。

その中でキーワードとして上がっているのは”グローバル”のようです。INSEADが出来た1960年頃はヨーロッパのリーダーを育てるヨーロッパのビジネススクールだったようですが、今はグローバルなリーダーを育てることを目指しています。例えば今はBRICsと呼ばれる地域がマネージャーが一番不足しているという意見があり、ここで活躍するリーダーを育てるのがINSEADの役割だという意見もあるようです。

これはアメリカのトップスクールではとれないポジションのようです。アメリカのトップスクールではインターナショナルの学生を増やそうという意見もある一方で、アメリカのリーダーを育てるための学校でありアメリカの学生をもっと増やすべきと言う意見も根強くあるようです。INSEADが取ろうとしているポジションを競合他校がとれない障害があるわけでINSEADにとってはこれはチャンスでもあります。

これは学生のダイバーシティやヨーロッパとアジアにキャンパスを持っていることなどのINSEADのユニークな特徴につながっています。ビジネススクールにも戦略があり、それが実際の教育環境にも反映されているのは当たり前のことなのですが改めて面白いなと思いました。



1年制のMBAプログラムは短いか
アプリカントの方から最近受けた質問でINSEADの1年制のプログラムは短いのではというものがありました。特に勉強の面で範囲が狭かったり、スピードについていけるかが心配なようでした。

まずは範囲についてですが他の学校の2年生と話した感じだとあまり変わらない印象があります。また授業の日数を見てもINSEADではプログラム中に約200日授業が行われています。

5(ピリオド)×8(週間/ピリオド)×5(日/週)×1(年) = 200日

これに対して僕も合格したあるアメリカの2年制のビジネススクールでは授業の日数は192日とINSEADのプログラムとほぼ変わりません。

4(ターム/年)×6(週間/ターム)×4(日/週)×2(年) = 192日


アメリカの2年制のビジネススクールにもいろいろあるのでひとくくりにして議論するのは難しいのですが、INSEADの1年のプログラムでは2年のプログラムの半分程度しか勉強しないというのは間違いだと言えます。実際にはほぼ変わらない範囲と量の勉強をこなすことが求められます。


他の学校が2年間かけてやることを1年でやるとなるとこのスピードについていけるかが気になると思います。授業はその分野のバックグラウンドがない人にも分かるように準備されていますし、補講や生徒同士の助け合いなどでみんななんとか乗り超えて行っています。また学生はそれぞれのバックグラウンドによって何かの得意科目がある場合が多く、その科目ではあまり勉強しなくてもよい分で苦手科目では多めに時間を使うなどしています。

ただやはり期間が短いのには以下のようなデメリットもあると思います。

・来る前のビジネス経験が1-2年だったり元アスリートなどビジネスの知識が少ない人や英語力が不足している場合には授業についていくのが難しかく、自分が目指すレベルに到達できないリスクが出てきます。授業の進むスピードは速いので一度分らなくなるとそれを取り戻すための時間があまりないのが現実です。

・大きなキャリアチェンジをしたい人はそのための準備期間は比較的少なくなります。インターンを例にとってもアメリカの2年制の学校では約3か月の休みの間にコンサルと投資銀行の2か所でインターンしている人もいますが、INSEADではJulyプロモーションはインターンなし、Decemberプロモーションでも夏休みは2ヶ月なので1か所でしかインターンが出来ない場合が多いです。

・勉強が忙しいのでのんびりと過ごせる時間も比較的少なくなります。同級生もヨーロッパやアジアのいろいろな国に旅行はしていますが、ゴルフがものすごく上達した人の話はあまり聞きません。のんびり自分の人生を見つめ直したり人生の幅を広げたいという人には忙しすぎると思います。


INSEADの1年制プログラムにはデメリットもありますがよく考えられたプログラムであり魅力も多くあります。それぞれのアプリカントの方のシチュエーションやビジネススクールでやりたいことを明確にした上で選択していただければと思います。個人的にはビジネススクールは1年で十分で、もう一年勉強するよりもINSEADで学んだことを活かして次の仕事にチャレンジしたい気持ちの方が強いです。

INSIDE INSEAD
INSEADで学んでいる日本人学生が作っているINSIDE INSEADというブログがあります。2006年頃から書かれているのですが、新たに管理人として運営していくことになりました。ここしばらくは更新されておらずさみしい状態にありましたが、今後はもっと頻繁に更新できたらと思っています。他の日本人学生も書いてくれる予定なのでこちらも楽しみなところです。

http://blog.goo.ne.jp/insead_jc/

この件に関してINSEADのAdmission(入学審査官)とランチをしてきました。INSIDE INSEADはINSEADを受験する人も対象になっており、INSEADの受験者数を増やしたいと思っているAdmissionからはぜひがんばって欲しいと言われました。ランチでは僕がINSEADに来てからどういう印象を持っているかや、INSEADの日本での認知度・イメージやこれをさらに良くするためにどうすべきかを話しました。マーケティングという意味でも非常に勉強になる話を聞くことができました。

またアプリカントをどのように評価しているかも聞いてきました。日本の大学受験とは見方は全然違い、企業の採用基準に近いイメージでした。こんなところを見るのかと驚くところもあり、自分が合格できたのは奇跡的だったなと思いました。今後の日本人の合格者数については、日本人学生も今後は増やしていきたいので多くの日本人受験生にアプライしてもらいたいとのことでした。受験中の方もチャンスは十分にあるので、ぜひがんばってください。



キャンパスビジット+受験に関する質問
MBA受験のシーズンも佳境を迎えているようで、キャンパスビジットや受験に関する相談をこのブログなどいくつかのルートでいただいています。メールが来ているのに気づかずに対応が遅くなってしまった場合もあって大変失礼しました。

キャンパスビジットについては11月は基本的に月曜日から金曜日まで毎日授業があり学生は毎日学校におります。12月も7日までは普通に授業を行っておりますが、それ以降は試験・冬休みに入るので年明けまでキャンパスに来ていただいても見ていただくものは少なくなると思います。キャンパスまで来ていただければ授業を見ていただいたり、事前に連絡いただければランチやお茶などしながら日本人学生と話もしていただける機会も設定しています。

また金曜日にはアドミッションが行うインフォメーションセッションも行われています。アドミッション担当者と話をされたいのであれば、インフォメーションセッションに参加することをお勧めします。
http://www.insead.edu/v1/mba/home/informal.htm

キャンパスビジット出来ない方からはメールで質問もいただいていますがこれも大歓迎です。できる限りの対応はさせてもらっています。

またINSEAD情報としてはあまり更新されていませんが、以下のようなブログもあります。こちらに連絡いただいても対応しています。このブログもテストが終わるころには活性化するよう計画中です。
http://blog.goo.ne.jp/insead_jc/

ビジネススクール受験をしていた去年の自分を振り返ると大変だったことばかりが思い出されてますが、これを乗り越えれば留学できると信じてがんばっていました。受験生の方には最後まであきらめずやり遂げてもらいたいと思います。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。