フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


MoMA(ニューヨーク近代美術館)とCMA
ニューヨークではせっかくなのでニューヨークらしい美術館に行きたいと思ってMoMA(Museum of Modern Art)を選びました。モダンアートの前の時代にはアメリカは存在しているかいないかというような時期なのでこの美術館がアメリカらしいものがみられるかなと思っていきました。

行ってみると特別展がダリで常設展にはセザンヌ、ゴーギャン、ピカソなどのヨーロッパのアーティストの作品が並んでいました。オルセー美術館などのヨーロッパの美術館にあった作品のちょっとグレードが下がって量も減った感じでちょっとがっかりです。でも見ているとピカソのヤギの彫刻や、展示してあったヘリコプターに下の子が反応して見入っています。今までになかった反応でじっくりと彫刻を見て回ることに。

さらに見ていくとアンディ・ウォーホルなんかも出てきてようやくアメリカのアートが出てきました。その後もインダストリアルデザインのような展示も出てきて不思議な感じです。うまく言えないのですがヨーロッパの国には共通してあったものがアメリカにはない感じがします。

その後Children's Museum of the Arts (CMA)に行きました。これはSOHO地区にあるNPOが運営している美術館です。子供向けの作品が展示されているということでしたがあまり展示はなくて、ワークショップ中心です。工作教室のようでもあるのですが、やっぱりSOHOで工作をするとアートを作っているような気がします。娘が段ボールなどの素材で作ったバイオリンの工作も、ピカソが作ったギターなどの作品に似ているような気がしてくるから不思議です。(これは親ばかも入っていますが。)

アートな部分でもニューヨークを楽しむことができました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

長いフランス生活、お疲れ様でした!
すごく充実されたフランス生活だなぁと
思いながら読ませていただきました。

お子様たちも更に成長されて
小さいときから色んな経験をして
素晴らしいですね!!!!

私は来月から1年パリへ行きます。
こちらの日記はとても参考になります。

【2008/08/04 10:16】 URL | ティンク #- [ 編集]


ティンくさん

コメントありがとうございます。これからフランスに行かれるとのうらやましいです。ぜひ楽しんできてください。このブログもお役に立てたようでしたらうれしいいです。

【2008/08/09 09:44】 URL | 管理人 #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。