フランスMBA&音楽留学体験記
コンサルタント歴9年の父はINSEADのMBA、バイオリン歴2年の娘(4歳)は音楽学校で学ぶべく2007年7月から約1年間フランスに行きます。一緒に渡仏する母と1歳の息子の4人でのフランス留学体験を書いていきます。


プロフィール

MademoiselleMozart

Author:MademoiselleMozart
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


就職活動の成果
50社以上に応募して苦労した就職活動ですが最後は日本に戻ってきてからいくつかの会社をまわり、結局のところは留学前の会社のニューヨークオフィスに行くことになりました。しばらく東京で働きながら準備を進めて年明けに渡米の予定です。

今回の就職活動ではまずはヨーロッパでの就職を目指してINSEADに集まる求人情報を分析してアプローチしましたがこれは狙ったような結果を出すことは出来ませんでした。理由としては企業側がMBAの学生に求める力が僕には不足していたことだと思います。年齢的なものあるのでしょうが、特に大きかったのは英語でのコミュニケーション力不足です。例えばロンドンの企業に応募した時にはイギリス人やアメリカ人・カナダ人のクラスメートと英語でのコミュニケーション力を比べられるとどうしてもかなわないですし、僕は能力不足と評価されたと思います。

途中からは日本企業やグローバル企業の東京支社に応募するととくにコミュニケーション面での状況は変わります。面接でも英語だと相手の言ったことを聞いて質問に答えるのに精一杯ですが、日本語だとこちらが状況をコントロールできることがあります。自分がいかに日本語や日本の文化に守られていたのかを実感しました。

ただ残念ながら昔からある日本企業ではMBAの採用には消極的な企業が多かったです。応募しても“事務職の採用はしていません”と回答をもらうことが多くありました。日本企業も外部から人材を採用するように変わって来たと言われてもいますが、まだまだ米系企業とは差は大きいですし僕にとっては有利な状況になるほど変わってはいませんでした。

それでもなんとかいくつかの会社と話が進み、内定をもらうことも出来ました。でもそうなった時にそれらの会社で与えられる仕事、具体的にはMBA卒1年生の仕事をやっていくことに”これって今の自分がやりたい仕事なのだろうか?”と疑問も感じました。

そこで自分を採用してくれる企業を探すのはいったん忘れて、自分がやりたい仕事を考えてみました。まず自分がやりたいことは経営に近い仕事でした。それもコンサルタントとしてプロジェクトベースで経営者のために働くのではなく、自分が経営するか経営者の右腕に近いところで仕事ができる環境がいいと思いました。そうなるとエスタブリッシュされた大企業ではMBAを取ったばかりの人間にそんなことは任せてくれないので対象外です。自分がかかわったことのない業界でもいきなりそんなポジションにつかせてくれることは難しいから対象外です。僕はIT系のコンサルティングをやっていた時期が長いので小さなコンサルティング会社やコンサルティング部門を作りたい・強化したいIT企業が主なターゲットになります。ここであれば自分がその事業でリーダーシップを発揮できる可能性が出てきます。

次に自分がやりたいテーマを考える必要があります。これがないと事業内容が過去にやっていたことをちょっとしょぼくしたものになってしまうので、他とは違っていてかつ自分が強みとしたいものを考える必要があります。そこで考えたテーマは企業のグローバル化です。企業のグローバル化もこれまでは本拠地を拠点にして外国に進出するハブ&スポークスのような形が多かったのですが、今はより多極化したマルチポラーシステムを取る企業が出てきています。あるヨーロッパのIT企業は本社はヨーロッパにありますが、新技術開発はシシコンバレー、その他のシステム開発はインド、マーケティングはニューヨークへと移しています。これからの企業は国籍に関係なく最も適した地域でそこでのリソースを活用していく必要があり、これを実現するための仕事をやりたいと思いました。これは特に日本企業が遅れている部分でもあるのでやりがいがありそうです。

そこでコンサルティングであれば自分の経験もあるので、この思いをコンサルティングメニューにしてどうやって顧客を獲得していくかも考えてビジネスプランにまとめました。事業会社に持っていく時にはそれようにまとめなおしました。INSEAD卒業式の前後に作っていたので旅行をしながらもなんだか半分ぐらいは仕事をしている感じでした。これを持って会社を回ってみると様々な反応があります。”それはうちの会社でやるのは難しい”と言われたり、”それもいいがまずは普通にMBA卒1年目のことをやって欲しいなぁ”というようなことを暗に言われたりとか。そんな中で一番真面目に話を聞いてくれたのが僕が留学前に働いていた会社でした。

僕のプランの実現可能性がないかを複数の役員で見て検証しおもしろそうだと評価してもらえました。また今は東京オフィスと海外オフィスとの連携強化が課題になっておりこの流れに乗って僕のニューヨークオフィス勤務の機会ももらえることになりました。僕としては自分自身がよりグローバルに通用する人材になる必要があるとも思っているのでこのニューヨーク行きは大歓迎でした。

企業が準備してあるポジションの中から探すアプローチをとっているときにはうまくいかなかったのが、自分のやりたいことをはっきりさせてからそれが出来る環境を探すようにしてからようやくうまく行きました。苦労しましたが何とか自分がやりがいを感じられる仕事を見つけることが出来てよかったです。

今後は東京に引っ越しをして家族の生活環境を整えて9月1日から仕事をはじめ、準備整えば年明けに渡米の予定です。仕事も決まりこれで留学もようやく終えて新生活に入れるめどが立ちました。ということでこの留学ブログもお終いにしようと思います。これまでお付き合いいただきどうもありがとうございました。


スポンサーサイト

INSEADで学んだ成果
”MBAに留学して何を得られるのか?”というのはMBA受験前や留学の前から常に考え続けたテーマでした。留学を終えたわけですがスーパーマンになれたわけでもなく、本当に何が得られたのかや価値があるのは何だったのか自分でもまだ分からない部分もあります。

実はINSEADに合格直後で入学前にキャンパスビジットをして授業を見学したことがありました。その時に思ったのは授業でやっている内容が思ったより簡単だということでした。留学前に9年間仕事をしていたのでビジネスのフレームワークや知識としては知っている内容が多いし、ここで授業を1年間受けたとしてもそれだけで特別なスキルを身につけられるわけではないなと思いました。

この印象は留学後も変わりません。コアの科目で扱う内容はグロービスなどが出版しているMBA本でほぼカバーされています。エレクティブになるとより専門的な内容も出てきますが、実際のコンサルティングプロジェクトではさらに踏み込んだレベルで議論をしています。もちろん短期間に体系的に知識をまとめるという意味では価値がありましたが、これだけではわざわざ留学する価値はないのではと思いました。

それで結局何が価値があったのかと考えるともっと抽象的なものになります。例えばグローバル感覚を磨けたとか。INSEADのクラスメートは世界各国から来ていてそれぞれの国が違うということが実感できました。世界には違う文化をもった国がたくさんあることとそこから来た自分とは異なるバックグラウンドの人と一緒にチームを組む練習ができたのは良い経験でした。それと僕にとっては海外に住むのははじめてでありフランス語も学んでフランスに住めたのは、これから自分が海外に出るときのよい練習であり、外国から日本に来ている人のこともより理解できるようになったと思います。

それと自分が経営者になれるかもしれないし、なってみたいという思いが強くなりました。ビジネススクールはビジネスリーダー、経営者になるための学校です。その教育を受け、経営者を目指す人たちと一緒に過ごし、実際に経営者になったアルムナイの話を聞くと自分にも出来るはずと思うようになりました。自分で会社を作ったり会社を買収したりということが不可能ではないと思いましたし、チャンスがあればぜひやってやろうと思いました。こういう可能性を見つけることができたのは留学前には考えてもいなかったことでした。

INSEADの1年間を終えてみてこれが将来にどう役立つのかはまだ分かりませんし、自分が何をしていくのかによって得られたものの価値も変わってきます。それでもやっぱり強烈な体験だったわけで、これが何かにつながるはずと信じてがんばっていきます。



2008年秋のINSEADアドミッションイベント
8・9月にINSEADの学校説明のイベントが東京で行われます。9月7,8日のイベントではINSEADのアドミッションのスタッフも来日しますので奮ってご参加ください。


卒業生によるINSEAD学校説明会
日時:2008年8月23日(土)18:00-19:30
会場:イフ外語学院 東京校
http://www.ifu.co.jp/seminar/school/

MBA Workshop September 2008
日時:2008年9月7日(日) 18:20-21:30
会場:大手町サンケイプラザ
https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/agendax/?op=view&id=1096&on=20080907

The MBA Tour-MBA Fair
日時:2008年9月8日(月) 16:30 - 21:30
会場:パレスホテル
http://www.thembatour.com/events/tokyo.shtml



ワイナリー巡りの成果・その2
ワイナリーをめぐって分かったのは娘のワインに関する才能です。最初はよく分かっていないようだったワイナリー訪問もある時期から一緒に一口ずつ舐めるようになり、しばらくするとこれはよい・いまいちといいはじめました。娘もブルゴーニュワインが好きなようです。

娘が大きくなったらちゃんとしたワインの飲めるいいお店に連れて行こうと思います。そして変な居酒屋に連れて行くしょぼい男にひっかかることのないように教育しようと思っています。



ワイナリー巡りの成果・その1
ブルゴーニュなどワインで有名な土地を何度も訪れて分かったことはワインは一大産業であり、ビジネススクールでならったインダストリーアナリシスや戦略のフレームワークでも十分にいろいろ語れる面白い世界です。

僕は何度も”ワイナリー”を訪問しましたが、このワイナリーにもいろいろなパターンがあります。ワインの製造・販売のバリューチェーンのうちどの部分を担うか、力を入れるかによってワイナリーの特色が出てきます。

まず、ワインの製造・販売は大きく以下の3つのプロセスで出来ています。

ブドウ栽培→ワイン醸造→ワイン販売

そこで求められる資産やスキルも当然異なります。

・ブドウ栽培
ブドウ畑を所有し、畑の手入れ・ブドウ栽培のスキルが必要

・ワイン醸造
発酵用のタンクや、樽・瓶詰めのための装置、ワインを保管する地下のカーブを所有し、醸造の状態を管理するスキルが必要

・ワイン販売
ブランドや販売用の店舗・販売代理店とのネットワークを持ち、マーケティング・セールスのスキルが必要


異なる資産・スキルが求められるので実際に見てまわるとバリューチェーン全体を自社ですべて実行するのは大変だということが分かります。またワイン販売に特化した流通業者もブルゴーニュに1,000以上あり、そのうち8大流通業者と言われるところだと自社で畑も持って生産しながら他の生産者のワインの流通も手掛けています。

小さいプレイヤーはバリューチェーンの一部に特化するパターンも戦略として有効で、ブドウ栽培に特化するパターンも良く見られます。ブドウ栽培は手作業の部分が多く後の工程と比べてスケールオブエコノミーが効きにくいので小さいプレイヤーでもよい畑とスキルがあればよいブドウを作れます。またワイン醸造まで手掛けるとキャッシュが入ってくるタイミングがブドウ収穫から数年後まで待たないといけないのも経営体力のないプレイヤーにはつらいところでその点でブドウ収穫後すぐに現金化出来るのはありがたいはずです。中規模の生産者だとぶどうの一部は自社でワイン醸造に使い残りを大手に販売しているパターンもあります。大手はこれを買い取ってワイン醸造・販売をメインに手掛けます。ここはスケールオブエコノミーが効きやすいのでこの戦略もありだと思います。

またCooperativeという協同組合もあります。ここはその地域のブドウを買い取って、醸造と販売を行います。これも小規模な農家が助け合ってやっていくための方法です。

日本に輸入されているワインはこの中でも大手の生産者・流通業者の扱うものがほとんどです。理由はわざわざ日本から買い付けにくる商社はある程度のまとまった量を買おうとしますが、一つの商社にまとまった量を販売できるのは大手に限られるからです。ブルゴーニュでも20-30%の生産者のものしか日本には行っていないのではないでしょうか。小規模なところは主にフランス国内のレストランやワイン好きな人などが買っていて、この人たちはワイナリーと昔からの友人だったりもします。

このように様々なプレイヤーがいるので最初は話をしていてもその人が何をしている人なのかよく分らないことがありましたが、この業界構造を理解するとどういう戦略のもとでワインに関わっているのかが分かってきました。


さてここまでの話は業界構造を分析しただけで、この状況の中でどういう手を打つかが重要です。生産者や流通業者によってそれぞれに戦略を立てることもできますが、ここは消費者としてどうやって自分の好みのワインを探して買うかに拘りたいと思います。

そこでまず自分の好きなワインですが、軽い・重いみたいなタイプの分け方だとシチュエーションによっては僕はどれでも飲みます。夏の暑い日にはすっきりした白ワインをガブガブ飲みたいし、肉料理だと重い赤ワインを合わせたり、チョコレートとあわせてデザートワインを飲むのも好きです。

何でもいいのかと思いながらうちに買ってきてあるワインを眺めて何か関連はないかと考えていると、僕は作った人の思い入れのある個性のあるワインが好きなんだということが見えてきました。僕の母親の実家は田舎の農家で、おばあちゃんが作ったお米・野菜・味噌を食べさせてもらったときのおいしさとおばあちゃんのうれしそうな顔が僕の好きな食べ物を決める原体験になっていることでした。

そうなるとワインの製造・販売の全工程を手掛けていて、かつ生産者の顔が見えて思いが伝わってくるような小規模なワイナリーで作ったワインが僕のターゲットになります。このタイプのワイナリーはきっとたくさんあるのでしょうが探すのは大変です。宣伝はあまりしていないし規模も小さく知名度も低いのでインターネットでも探せません。口コミか、片っぱしからまわってみるしかありません。でもそうやってやってみると3-4のワイナリーはよさそうでした。これはフランスに住まないと見つけられなかっただろうからINSEAD留学の一つの成果ですね。

日本ではワインは富裕層や知識層のステイタスと位置づけて飲んでいる人がいて、そのような人を毛嫌いしてワイン嫌いになっている人もいます。いつかそういう姿を脱してワインがおいしいお酒として普通に飲めるようになっていければよいのにと思いました。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。